松戸の生活情報サイト::Helloまつど.com

特集記事

Vol.19 -- 2001 年 11 月号

のりとハサミで切って貼る。そう、工作みたいにさ!!

用意するもの

 

1. 鉢カバ-
2. ひも
3. 手芸用接着材
4. ピンギングはさみ
5. メジャ-
6. リボン(しっかりした素材で数種類)

 

作り方 (制作:Hello!まつど編集部)

 

1 まずは用意した鉢カバー全体をながめ、想像力を膨らまそう。今回用意した鉢カバーは見本よりも小さいので、リボンのバランスをどうしようかな‥‥

 

2 カバ-の一番下にひもを付ける。ボタンでも細めのリボンでもOK。要はあるもので気に入ったものをつけてみよう。(写真1参照)

(写真1) 

3 のりしろ分をプラスしてリボンの長さを決め、皺にならないようにリボンの両端は斜めに切る。ランプシェードは下から眺めるとウラ側までしっかり見えるので、きれいに仕上げたかった。ピンキングハサミは重宝だ。

 

4 色と向きのバランスを考えリボンを貼り付ける。接着剤は乾くと透明になるものがよい。遠慮せずに結構しっかりとのり付けしたほうが出来ばえもいい。(写真2参照)

(写真2)

 

完成!!(+反省) リボンを用意する所からはじまっているのです。出来上がりを想像しながら切り貼りするのは、童心に戻って夢中になります。さらに接着した上を縫い付けるとしっかりと固定できるかも。リボンの代わりに和紙を使って和風にしてもモダンです。

(完成)

その他の記事とバックナンバーのリンク

頑張れチャレンジキッズ -- 2017年11月号 (Vol.211)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2017年11月号 (Vol.211)

頑張れチャレンジキッズ -- 2017年10月号 (Vol.210)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2017年10月号 (Vol.210)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2017年09月号 (Vol.209)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2017年08月号 (Vol.208)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2017年07月号 (Vol.207)

流山子どもミュージカル -- 2017年07月号 (Vol.207)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2017年06月号 (Vol.206)

頑張れチャレンジキッズ -- 2017年05月号 (Vol.205)

特集記事アーカイブ

バックナンバーの目次へ

月刊 Hello!

毎月22日頃.11万部発行

松戸のタウン情報誌 月刊 Hello!
松戸のタウン情報誌

【PR】

杉浦葬儀店 無料見積もり なんでもノベルティー

レギュラー記事

イベント情報

イベント情報

松戸の催し

健康

知って得する情報

健康

クーポン集

すぐに役立つ

クーポン集

アクセスマップ

↑ PAGE TOP