松戸の生活情報サイト::Helloまつど.com

特集記事

Vol.75 -- 2006 年 07 月号
松戸・流山には、珍しい地名が多いのですが、今回は、松戸市の三ヶ月を紹介します。
◆三ヶ月の歴史
 「三ヶ月」という地名の由来は諸説ありますが、『松戸市史』によれば、平安京をつくった桓武天皇の血をひく中世の房総半島を中心に栄えた大豪族千葉氏(下総初代守護 : 千葉常胤)により下総の領地を治めてきた、千葉氏の家紋(月星に由来する家紋)の月の形から三日月を地名にしたことが有力とされており、中世から「ミコツキ」・「ミコツイ」とも呼ばれ、後に訛って「ミコゼ」と変化したと云うことです。三ヶ月では、スイカを作らない風習(切った形が三日月の形になるので)になっておりますが、食することは関係ないようです。
 三ヶ月には、鎌倉時代(建長八年、一二五六年)、千葉氏七代当主千葉頼胤が小金(今の馬橋の地ではないか?)に居館を構え小金屋敷といわれる三ヶ月馬橋城を築いたと言われております。詳しい場所は不明ですが、字名から蘇羽鷹神社周辺から今の鉄塔通りにかかる広い範囲にかけてではないかと記されています。その他の説では、聞き取りでは三ヶ月の消防団センター南側に「城山」という屋号を名乗っている家名があり、その場所が城の中心であったという伝説もあります。
 文明十年(一四七八年)千葉氏十七代千葉孝胤は、太田道灌との戦い「境根原(酒井根)の合戦」に破れ三ヶ月馬橋城は廃城となり当時の城の石垣は、馬橋の萬満寺に移されたということですが、幾度の火災で現在は確認が取れません。
◆三日月神社の伝説
 三日月神社の始まりは、寛延四年(一七五一年)三ヶ月村の人たちの拠り所として、三ヶ月の村人が山岳信仰として知られる山形県の出羽三山(羽黒山・湯殿山・月山)を信仰し、夜と月の神様である月 読 命を祭神とする主峰のひとつ月山(標高1984m)を崇めたのが始まりで、月山の御霊の入った神石を背中に背負って持ち帰り三ヶ月村に祀ったことが起源とされております。
 月読命は、天照大神(姉神)の弟神で『日本書紀』の中でも日本神話として記されていますが、姉神と弟神は意見の相違から別々に住むようになり日月分離の神話として昼と夜が出来た起源となったエピソードがあります。
 現在も本殿の裏には、「三日月大朋神」(明を朋としたのは姉である日神、天照大神と二分していたので日を月と表したのではないかと思われます)と彫られた石像があります。この石像が祀られた時が三日月神社の起源とされております。神社北側には、天神講(学問の神様 菅原道真)も祀られており区画整理の時、地元の家(寛延三年起源)に祀ってあった石像を奉納したそうです。毎年一月二十五日には、決まって地元の人によりお団子が供えられております。
 
三日月神社 三日月大明神の祠(左)
天人講こと菅原道真の祠(右)
 
 
三日月神社改築記念碑(左)
弘法大師御入定祈念碑(右)
安産と防火信仰の神社の碑(左)
元禄住人名簿(右)
 
 
雨降り信仰の神社の碑(左)
移築祈念碑(右)
   
◆昭和の三日月神社
 三日月神社本殿は、昭和十年に増尾在住の宮大工さんの手で改築され、萱葺だった屋根を日本亙に葺き替えました。その時御霊の入った丸い鏡を祀ったとされます。また、寛延から昭和三十七年までは、現在の丸紅松戸社宅一号棟南側に位置する山の上に存在しており、翌年に既存のまま現在の場所に移築されました。
◆三日月神社の風習
 代々から受け継がれた風習として昔は、何処の国も貧しくそして医者も少なかった時代に病気を患った村人達は、神様に縋るしかありませんでした。特に深刻だった癌病(子宮癌・子宮筋腫など)や皮膚病(はれもの・できもの)に悩み三日月神社に治癒のお願いをするしか術がありませんでした。病に苦しみ祈願した甲斐があってご利益があった人たちは、当時お供えするものがなかった時代でもあり、神社の周りにあった杉の葉を取りその上にお豆腐をのせ心を込めて感謝したと言い伝えられており、今でも習わしとして行われております。
 また、昔から子供が生まれ「お宮参り」をする際には、重箱に赤飯を詰め三日月神社に氏子として参拝し杉の葉や近年では南天の葉の上に赤飯を供え、帰る途中行き会った人々に赤飯を分けてお祝いしたそうです。今でも、その風習は残っており「お宮参り」の際は、専属の神主はおりませんが、資格をもった神職がおりますので申し込めば祈祷していただけます。
◆三日月神社の主な行事
○一月一日 歳旦祭
参拝者の家内安全など幸福を祈り境内でお神酒や甘酒を振る舞います。
○二月一日 疱瘡御歩射
氏子の安全祈願や疱瘡厄除けをする行事。
○七月十四日 宮薙
境内清掃行事
○八月十四日 土用干し
神社内の虫干し行事
○十一月二日 祭礼宵宮
夜宮、お囃子で祭の前夜祭
○十一月三日 祭礼本宮
子供神輿で、三ヶ月町内を練り歩き

《編集》
文記者:川津 寛
聞取協力:馬場 烝治、柏木 一朗
協  力:松戸市博物館・萬満寺
《参考資料》
松戸市史新版松戸の歴史案内(松下邦夫著)
昭和57年7月1日発行
平凡社 日本歴史地名大系 平成8年7月12日発行
角川書店 日本地名大辞典 昭和59年3月8日発行

 

その他の記事とバックナンバーのリンク

頑張れチャレンジキッズ -- 2017年11月号 (Vol.211)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2017年11月号 (Vol.211)

頑張れチャレンジキッズ -- 2017年10月号 (Vol.210)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2017年10月号 (Vol.210)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2017年09月号 (Vol.209)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2017年08月号 (Vol.208)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2017年07月号 (Vol.207)

流山子どもミュージカル -- 2017年07月号 (Vol.207)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2017年06月号 (Vol.206)

頑張れチャレンジキッズ -- 2017年05月号 (Vol.205)

特集記事アーカイブ

バックナンバーの目次へ

月刊 Hello!

毎月22日頃.11万部発行

松戸のタウン情報誌 月刊 Hello!
松戸のタウン情報誌

【PR】

杉浦葬儀店 無料見積もり なんでもノベルティー

レギュラー記事

イベント情報

イベント情報

松戸の催し

健康

知って得する情報

健康

クーポン集

すぐに役立つ

クーポン集

アクセスマップ

↑ PAGE TOP