松戸の生活情報サイト::Helloまつど.com

特集記事

Vol.176 -- 2014 年 12 月号



毎年トリを務める
八柱桜祭りの演武!

【地域に根付いた道場】
八柱に道場を構え今年で24年となる空手道拳道会「拳心館」。地元の信頼も厚く、子ども達にとって将来大切な「ココロのチカラ」を育む「心身鍛錬場」として指導にあたっています。
最近の子ども達にとって大事な「困難に負けない力」「折れない心」を、稽古を通して培っていく道場生達。日々の稽古はもちろん、春に行われる地元八柱の祭り、6月のチャレンジカップなど大勢が見守る中での演武や試合は、子ども達をさらに大きく成長させてくれます。
こうした大会の出場も大切ですが、日々の稽古の結果が見えてくるのが、「昇段審査」でもあります。

【昇段審査で得るものは大きい】
今年3月に行われた昇段審査、その模様を取材してきました。日々の辛い稽古の成果を発表する場でもあるこの試験、道場生、指導員が見守る中、緊迫した中で行われました。
まず初めに型。一つひとつの動作に今までの思いが込められているようでした。型の次に始まったのが、「五人組手」。一人の道場生が五人連続で組手を取るというもの。
一人、二人、三人…そして五人目に辿り着くころにはフラフラで息も上がり、体力的にも精神的にも限界が近づいてきていました。この状況の中でも向かっていく道場生を見て、道場で培った「困難に負けない力」「折れない心」を目の当たりにしました。
その中でも中学2年生の小林優太君は二段審査にチャレンジ。格上の中学3年生6名を相手に果敢に責め戦い抜くも、既に体はぼろぼろの状態。そこで最後に壁のように立ちはだかるのは、普段厳しい指導をしてくれる韓師範代。何度も打たれ倒されながらも立ち向かう姿、それに真正面から応える韓師範代。小林君の最後の最後まで力を振り絞る姿に感動を覚え、また将来必ず力になると確信しました。
「困難な道を選んで失敗したら、それは教訓になります。しかし楽なほうを選んで失敗したら後悔しか残りません。子ども達には目の前にある壁をいかに乗り越えるか、というチャレンジするココロとチカラを育んでほしいと切に願っております。」そう話す浦山館長。
これからも、将来必要になる「困難に負けない力」、「折れない心」を多くの子ども達に教えていくことでしょう。


道場生募集! 一般部/少年部/幼児部
「月刊ハロ〜!見た」で入会金無料!

空手道拳道会拳心館(八柱駅前)
松戸市日暮1ー16ー11シルバービル3F
流山わんぱくクラブ(流山市民総合体育館)
●水16:15~18:45 二部制 剣道場
●土10:00~12:30 二部制 柔道場


ママのためのエアロビクス 開催中!
連絡先…047-392-5266
HP…http://www.kenshinkan.jp
掲載無料
子ども立ちの思い出に!   部員不足解消のために!
子ども達のスポーツチームやサークルを「月間ハロー!」で紹介しませんか?

(松戸市、流山市の子どものスポーツチーム、文科系チームetc・・・)
ハガキまたはeメールにて、どんなチームか(活動内容・人数・実績)
代表者氏名・住所・TELを明記の上、下記宛先までご応募ください。
------------------------------------------------------------
株式会社 エムズジャパン 「チャレンジキッズ」係まで
郵便番号270-2265 千葉県松戸市常盤平陣屋前11-7
TEL047-311-7100   e-mail : info@msjp.co.jp

その他の記事とバックナンバーのリンク

頑張れチャレンジキッズ -- 2017年03月号 (Vol.203)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2017年03月号 (Vol.203)

頑張れチャレンジキッズ -- 2017年02月号 (Vol.202)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2017年02月号 (Vol.202)

徳川文武の「太平洋から見える日本 -- 2017年01月号 (Vol.201)

頑張れチャレンジキッズ -- 2017年01月号 (Vol.201)

頑張れチャレンジキッズ -- 2016年12月号 (Vol.200)

徳川文武の「太平洋から見える日本 -- 2016年12月号 (Vol.200)

頑張れチャレンジキッズ -- 2016年11月号 (Vol.199)

徳川文武の「太平洋から見える日本 -- 2016年11月号 (Vol.199)

特集記事アーカイブ

バックナンバーの目次へ

月刊 Hello!

毎月22日頃.11万部発行

松戸のタウン情報誌 月刊 Hello!
松戸のタウン情報誌

↑ PAGE TOP