松戸の生活情報サイト::Helloまつど.com

特集記事

Vol.152 -- 2012 年 12 月号


▲道場対抗試合では、メダルを独占!
ここまで成長しました(2011年)

【一歩一歩、成長を遂げる子どもたち】
 地元に厚い信頼を得ており、子どもに大切な「ココロのチカラ」を育む「心身鍛錬場」として指導にあたる空手道拳道会「拳心館」。八柱に道場を構え今年で22年となります。また、今年5月に開設10周年を迎える流山で指導にあたるのは「流山わんぱくクラブ」。今回はその歩みをご紹介します。
 設立当初は、空手初心者の子供たちばかりが約60名入門。指導にも大変な苦労があったのだとか。最初の一年での指導では、なかなか上達することが難しく、試合をするレベルにも達しませんでした。
 その子供たちも、今では立派に成長を遂げ、全国大会でも大きな活躍を見せています。昨年には、その活躍が評価され、流山市長に表彰をされることも。今後の活躍にも期待が持てます。
「人の価値は努力の量で決まる。夢、目標を目指してたゆまぬ努力をすることが人を成長へと導くと信じています。大会での子どもたちの活躍は、流山わんぱくクラブの成長を象徴してくれたようでした。それと何よりも父母の皆様のあたたかいご支援のお陰です。」と語る、館長の浦山さん。子どもたちへの指導は、厳しくも温かく、信頼も厚いようです。
【ジュニアチャレンジカップ】
 今年6月に開催された、ジュニアチャレンジカップ。毎年白熱した戦いを見せる今大会も今年で8回目。
 型の動作一つひとつに日頃の練習の成果を発揮し、組手においても小学1年生から中学3年生まで息を呑む攻防戦が繰広げられて行く。いつしか「拳心館」を脅かす存在に着実に成長を遂げた流山の選手達の活躍に大いに会場が沸き盛り上がりました。
【全国大会では、同門対決に!】
 今年9月東京武道館にて行われた、「全国ジュニア選手権大会」。小学生から中学生までで行われる今大会では、八柱の拳心館、流山わんぱくクラブが昨年に引き続き、メダル独占!中でも圧巻は中学3年生男子組手決勝。幼児の頃から共に学び汗を流した西林選手と飯島選手が勝ち残り、流山同門対決が実現!試合は僅差で西林選手が制したが、終了後の二人からは力を出し尽くした達成感と笑顔がこぼれていました。
【これからの10年】
 八柱の拳心館では、当時子どもだった道場生が親となり、その子どもが現在の道場生になることも。
 流山わんぱくクラブでも親子二代で通うことも、そう遠くはありません。
仲間の大切さや、思いやる気持ちを教えてくれる道場。
 これからも、強く、そして優しい子どもたちが巣立っていくことでしょう。
道場生募集!一般/少年部/幼児部


▲拳心館モバイルHPへ
今すぐアクセス!

『月刊ハロ~!見た』で入会金無料!
無料体験受付中!
流山わんぱくクラブ(流山総合市民体育館)
※水16時15~18時45 二部制 剣道場
※土10時00~12時30 二部制 柔道場
空手道拳道会拳心館(八柱駅前)
松戸市日暮1-16-11 シルバービル3F
ママの為のエアロビクス開催中!
tel047-392-5266
http://www3.ocn.ne.jp/~kensionO/

 

その他の記事とバックナンバーのリンク

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2017年10月号 (Vol.210)

頑張れチャレンジキッズ -- 2017年10月号 (Vol.210)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2017年09月号 (Vol.209)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2017年08月号 (Vol.208)

流山子どもミュージカル -- 2017年07月号 (Vol.207)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2017年07月号 (Vol.207)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2017年06月号 (Vol.206)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2017年05月号 (Vol.205)

頑張れチャレンジキッズ -- 2017年05月号 (Vol.205)

頑張れチャレンジキッズ -- 2017年04月号 (Vol.204)

特集記事アーカイブ

バックナンバーの目次へ

月刊 Hello!

毎月22日頃.11万部発行

松戸のタウン情報誌 月刊 Hello!
松戸のタウン情報誌

【PR】

杉浦葬儀店 無料見積もり なんでもノベルティー

レギュラー記事

イベント情報

イベント情報

松戸の催し

健康

知って得する情報

健康

クーポン集

すぐに役立つ

クーポン集

アクセスマップ

↑ PAGE TOP