松戸の生活情報サイト::Helloまつど.com

特集記事

Vol.43 -- 2003 年 11 月号
「なごり雪」の記録的大ヒットから27年。数々の名曲を世に送るシンガーソングライターであり,12月20日には松戸市「森のホール21」でFNSチャリティーX’masライブを行われるイルカさんにインタビューしました!!
 いアーティストに「なごり雪」をカバーされるなど、若い年齢層の方々から支援されることが多くなったと思うのですが…。

年は、秋にも女子高からコンサートのお呼びがかかったり、中学・高校と私の母校からも「コンサートを開いてくれ」と言われました。何かと若い世代との縁があります。中学校の校歌も作らせてもらいましたし。なぜ(若い世代と交流する機会が多い)かよくわからないんですけど…。でも、若い方との接が増えておもしろいですよ。

ルカさんは(チャリティーライブなど )子供達のために活動をされているイメージがありますが、今後の方向性、どういう形になればいいとお思いか教えてください。

うですね。私にできることは歌うことだけなので、それを続けていくことで皆さんがどう感じてくれるのか、どう私を必要としてくださるかということだけです。(必要とされていることは、)ありがたいことなので、その中でお互いに気持ちが通じ合わせることができればいいなと思います。
互いに同じ気持ちで一つのことをやり遂げると終わった後にすごく達成感があるし、様々な交流につながっていくことが多いんです。いろんな地域のいろんな人々にお会いする機会があり、その度にたくさんの繋がりが増えてくるのが嬉しいんです。ただ、決まって皆さんが口にするのは「資金がない」ってことですね。(笑)でも、それで「やめましょう」というのはつまらないので、「どういう形ならできるのか一緒に考えましょう」って言います。それでチャリティーという形になったりするんです。
はパーソナルな動きができるので、やっておかないとつまんないかなって思います。今回、12月20日に行うFNSチャリティーも、「(チャリティーを)やっている」という意識より、「様々な人達のおかげで生きているんだな」という意識の方が強いものですから、「何かお返ししなきゃ」と思いながら活動しています。(受ける恩恵に対して)自分が「何ができるんだろう」って考えると、きっと生涯で何もできないんです。人間って、毎日そうした活動をしていても足りないくらい恩恵を受けて生きていますから。だから、お話があったときは、引き受けるのは当然のことだと思って、その中で何ができるかしか考えていませんね。本能的にやっているだけです。
ルカさんは若くしてお孫さんが誕生されたとお聞きしましたが、何か変化はありますか?
っぱり子供が生まれるというのは、すごく明るいことですね。うちの息子は、18で結婚して、すぐ子供が生まれたから、まだ仕事もなく経済的に苦しかったと思うんです。それでも、子供がいることは、ものすごいエネルギーが出るんですね。家族が揃うと、疲れていたり、話題がなくても、皆笑っていられるんです。ただ、子供の顔を見ているだけなんですよ。不思議ですよね。
通だったら、「若くしてできちゃったから」って思うんでしょうけど、私は「この子が5つくらいに大きくなって皆で笑いあうんだろうな」っていう予想図しか頭に浮かばなかったんです。だから「いいね、良かったね」って言いました。そう言ったのは私だけでしたけど。(笑)
代の家族は様々な事情がありますよね。でも、複雑な家族構成の中で子供達は生きていく強さを持っていますよ。皆、自分で幸せを掴む権利があるんです。だから、大人達は「自分の子供」、「よその子供」というのではなく、子供達全体を包む大きな愛情であるべきだと思います。自分自身を育てていかないといけないなあと思います。
誌が配布されている松戸市・流山市に行かれたことはありますか?
い。松戸市でコンサートを行ったこともありますから。ただ、あまりにも近くて、意識することがないかもしれません。関東地域は、「同じ地域」って感じがしますから。「イルカのミュージックハーモニー」というラジオ番組では、松戸市・流山市の方からお便りが多いんですよ。最近は23区に住んでいる方は少ないので、身近な方々が暮らしているのかもしれませんね。   (12月号に続く)
※ニッポン放送「イルカのミュージックハーモニー」(AMラジオ・ダイヤル1242MHz)で毎週日曜日(AM)7時~9時に放送中!

抽選で100名の子供達に「イルカ」からのX'masプレゼント

12月20日、森のホール21で開催される「イルカ」X’masライブで、イルカと一緒にステージに上がり、皆で大合唱しよう。小学4年生から6年生まで100名を大募集します!!

官製ハガキに住所、氏名、保護者名、学年、学校名、TEL番号を明記の上、
〒270-2251
松戸市金ケ作27-9フミヤビル2F、
文化芸術振興友の会事務局まで応募してください!!
お問合せ/TEL.047-311-5700
    文化芸術振興友の会事務局

主催:文化芸術振興友の会・Ro-On  共催:(財)松戸市文化振興財団
●チケット S席 5,500円 A席 4,500円 ●お問合せ Ro-On/TEL.047-365-9911

チケット前売所
・Ro-On 047-365-9911 ・森のホールチケットセンター 047-384-3331 ・チケットピア 0570-02-9999(北小金サティ4F・柏高島屋ステーションモールTX館・丸井柏店新館6F他) ・ローソンチケット 0570-00-0403 ・CNプレイガイド 03-5802-9999 ・e+(イープラス) http://eee.eplus.co.jp/ 03-5749-9911 柏高島屋友の会 04-7144-1111(代) CNまつど 047-330-1878 ・シブヤ楽器(五香) 047-387-1566
※ご予約・ご購入いただいたチケットはキャンセルできません。
※未就学児のご入場はできません。                
好評発売中


その他の記事とバックナンバーのリンク

頑張れチャレンジキッズ -- 2017年04月号 (Vol.204)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2017年04月号 (Vol.204)

頑張れチャレンジキッズ -- 2017年03月号 (Vol.203)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2017年03月号 (Vol.203)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2017年02月号 (Vol.202)

頑張れチャレンジキッズ -- 2017年02月号 (Vol.202)

頑張れチャレンジキッズ -- 2017年01月号 (Vol.201)

徳川文武の「太平洋から見える日本 -- 2017年01月号 (Vol.201)

頑張れチャレンジキッズ -- 2016年12月号 (Vol.200)

徳川文武の「太平洋から見える日本 -- 2016年12月号 (Vol.200)

特集記事アーカイブ

バックナンバーの目次へ

月刊 Hello!

毎月22日頃.11万部発行

松戸のタウン情報誌 月刊 Hello!
松戸のタウン情報誌

【PR】

杉浦葬儀店 無料見積もり なんでもノベルティー

レギュラー記事

イベント情報

イベント情報

松戸の催し

健康

知って得する情報

健康

クーポン集

すぐに役立つ

クーポン集

アクセスマップ

↑ PAGE TOP