松戸の生活情報サイト::Helloまつど.com

特集記事

Vol.41 -- 2003 年 09 月号
 
よく車で走っていると「アンビル」って名前のつくお店が多いです。松戸市にしかいない苗字だと思います。何か理由があれば教えてください。

  伊予守の弟・備前守は天正18(1590)年の小田原合戦時、主君・高城胤辰が千葉宗家の千葉介重胤に従って小田原に籠ったために、高野縫殿助らとともに大谷口城に籠って秀吉軍を迎え撃った。しかし、小田原からの「胤辰の開城せよ」との書状によって秀吉軍に明け渡し、大谷口城周辺に帰農した。現在、千葉県流山市・松戸市に多い安蒜氏はこの子孫と考えられる。安蒜備前守が居城とした深井城は、流山市にあった城である。
 本当のところはよくわからないが、きっと安蒜家の宗家には資料や宝物があるかも…。
(資料:千葉一族ー~房総半島に栄えた恒武天皇の末裔~)

流山市って市民税が高くないですか?納得いきません。
 流山市と松戸市を比較してみよう。市民税は、均等割と所得割の2種類で課税される。均等割とは、一定金額を超える所得があれば一律にかかる。また、その市に住んでいない人で、市内に家屋敷がある人もかかる。一方、所得割とは次のような計算式で算出される。
所得割額=課税所得金額(所得金額―所得控除 額)×税率―税額控除―定率控除
 この計算式は、全国どこに住んでいても同じである。では、実際に松戸市と流山市を比較してみよう。均等割税額はどちらも2500円である。一方、所得割の税率は、課税される所得金額が200万円以下が3%、200万円超700万円以下は8%、700万円超は11%の税率である。これも全国一律で同じである。
 では、なぜ高いとのうわさが出るのだろう? 厳密に言えば、均等割は市の人口によって算出基準が違うのだ。人口50万人以上の市と東京23区は3000円、人口5万人以上50万人未満の市は2500円、人口5万人未満の市と町村は2000円と決まっている。大都市と過疎地との間では、年間で1000円の差があり、これが違いとして感じられるのかもしれない。市民税(住民税)は各自治体によって独自に税率を定めることができるのだが、現状は総務省からの指導で均一化されている。しかし、これからは地方の時代と言われるように、独自に税率を定めるようになるだろう。住民サービスの質によって地域差が出る仕組みが誕生するのだ。と言うことは、自治体間のサービス競争も行われ、自分の納得のいく自治体を選択できるようになるのだ。要は納税に見合った納得のいく税金の使われ方がされれば、我々は満足いくのだから…。
 
緊急募集 読者の皆様からの意見をお待ちしております。
「松戸市・流山市で不思議に思うこと、納得いかないこと」を明記のうえ、松戸市金ヶ作27-9 フミヤビル2F、E-mail/info@msjp.co.jp「(株)エムズジャパン 月刊ハロ~! 編集部」までどしどしお寄せください。

 昭和40年、千葉県松戸市に生まれる。日本大学法学部政治経済学科卒業。卒業後、都市プランニング会社等を経て、株式会社マツモトキヨシ取締役。株式会社創健(健康センター国内4店舗)の取締役副社長を歴任後、現在は相談役として活躍。さらに、関連会社数社のリエンジニアリングを手がけ、企業再生をテーマに奮闘している。また、政治の疑問点を探るために衆議院議員秘書を兼務、最近では世の中の仕組みを知るために、著作活動やラジオのパーソナリティー等、文化活動も始めた。

文化放送/毎週木曜日20時~20時30分
「和巳と千里の聞いて! ナイト」のメインパーソナリティー、毎週土曜日7時~8時には報道番組「サタデーネクスト」のコメンテーターを務める。
執筆/新潮社発行の「新潮45」に「松本和巳のディープヨーロッパ」と題し、グラビアで連載紀行記事を執筆。

その他の記事とバックナンバーのリンク

流山子どもミュージカル -- 2017年07月号 (Vol.207)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2017年07月号 (Vol.207)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2017年06月号 (Vol.206)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2017年05月号 (Vol.205)

頑張れチャレンジキッズ -- 2017年05月号 (Vol.205)

頑張れチャレンジキッズ -- 2017年04月号 (Vol.204)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2017年04月号 (Vol.204)

頑張れチャレンジキッズ -- 2017年03月号 (Vol.203)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2017年03月号 (Vol.203)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2017年02月号 (Vol.202)

特集記事アーカイブ

バックナンバーの目次へ

月刊 Hello!

毎月22日頃.11万部発行

松戸のタウン情報誌 月刊 Hello!
松戸のタウン情報誌

【PR】

杉浦葬儀店 無料見積もり なんでもノベルティー

レギュラー記事

イベント情報

イベント情報

松戸の催し

健康

知って得する情報

健康

クーポン集

すぐに役立つ

クーポン集

アクセスマップ

↑ PAGE TOP